使ってはダメなタイプ|ミノキシジルタブレットこそ、薄毛に悩む人にとっては必需品!

使ってはダメなタイプ

錠剤とカプセル

育毛効果の強いミノキシジルタブレットですが、実際には使っていい人と使ってはいけない人がいます。
つまり全員がミノキシジルタブレットを使えるわけではないということも、ここで覚えておきましょう。

実際にミノキシジルタブレットを使ってはいけない人はどんな人になるのでしょうか?

まずは「低血圧」の人です。
ミノキシジルという成分はもともと高血圧症を治すために用いられていたものになるので、低血圧の人はミノキシジルタブレットによってさらに血圧が下がってしまう可能性が高いです。
これについては塗り薬の方でも同様ですが、特にミノキシジルタブレットは吸収力がすごいので危険な状態になってしまうでしょう。

そしてもうひとつが「降圧剤」を服用している人です。
実際に高血圧の方は降圧剤を使っている場合もあると思います。
ミノキシジルには降圧作用がありますので、血圧が下がってしまい大変なことになります。

さらに「薄毛が深刻化してない人」。
ミノキシジルタブレットは威力が強力な分、副作用も強力になっています。
使用してはいけないというわけではありませんが、軽度の薄毛であれば使用する必要がありません。軽度の場合は塗り薬の方を利用する方がいいでしょう。

そして最後に「女性」はミノキシジルタブレットを使わないようにしてください。
なぜ女性はダメなのかというと、副作用が強く出てしまうリスクが高いからです。
女性の場合は配合濃度がミノキシジルの場合1%から3%のものしか使えないので、ミノキシジルタブレットでは強すぎて体に負担を与えてしまいます。
もし女性で使いたい人は女性用のミノキシジルタブレットを探す必要があるでしょう。